暮らしプラスわん

気になったトレンドをお届け。いつもの暮らしプラスわん。

懐かしのドラマが続々放送の中、地上波では絶対に再放送できない人気作品たち

 新型コロナウイルスの感染拡大の影響により、テレビドラマの放送に大きな影響が出ている。

 

 春ドラマの目玉と目されていた半沢直樹(TBS系)の続編をはじめ、木村拓哉主演の『BG〜身辺警護人〜』テレビ朝日系)や篠原涼子主演のハケンの品格日本テレビ系)など、話題のドラマが収録上の理由で次々と放送開始を延期。

 

 なんとか放送することができた月9ドラマ『SUITS/スーツ2』(フジテレビ系)は、第2話まで放送するも、3話以降の放送延期が決定。27日からは、長澤まさみ主演の『コンフィデンスマンJP』の再放送となる。

 

時代の変化においてけぼりの作品

 苦肉の策として、各局では過去のドラマの再放送や“特別編”がゴールデン/プライム枠で放送されている。この期間に再放送されているドラマは『恋はつづくよどこまでも』コウノドリ下町ロケット』『JIN-仁-(いずれもTBS系)、野ブタ。をプロデュース日本テレビ系)など、近年放送のものから少し懐かしい名作まで、さまざまなラインナップが並ぶ。

 

 新作ドラマがしばらく見られないのは残念だが、再放送で数々の名作に触れられるのはうれしいことでもあり、一定数の視聴者は獲得できているようだ。そうなると、「あれが見たいな」「あのドラマの再放送もやってもらいたい」という思いが当然、出てくるが、実は、なかなか再放送“できない・されない”作品というのがいくつも存在するのをご存知だろうか。

 

 '90年代に大ヒットした安達祐実主演のドラマ家なき子日本テレビ系)は、地上波での再放送は行われていない(配信では視聴可能)。その理由について、あるドラマ評論家が語る。

 

「過激ないじめの描写などが、コンプライアンス的な観点から地上波での放送が難しいといわれています。赤井英和主演の『人間・失格〜たとえばぼくが死んだら』(TBS系)も、いじめが原因で堂本剛が命を落とすなど過激な描写があり、地上波では再放送しにくい。『家なき子』も『人間・失格〜』も野島伸司さんの作品ですが、彼のヒットドラマは、地上波再放送のハードルが高いものが多いと思います」